一番わかりやすいビットコイン(仮想通貨)投資講座

ビットコイン講座
この記事の所要時間: 614

ビットコインってなに?

最近にわかに仮想通貨なるものが話題になっていますが、なんだか難しくてよくわからない方も多いのではないでしょうか。ここでは、ビットコイン(仮想通貨)について小難しいことは省いて、チョーわかりやすく解説したいと思います。

ビットコインはバーチャルな通貨である

ビットコイン通貨と言えば日本円や米ドルのように紙幣や硬貨がありますが、ビットコインには紙幣も硬貨もありません。インターネット上のみに存在するバーチャルな通貨です。スマホのウォレットアプリに入れておいたり、仮想通貨取引所に預けて保管することができます。
ビットコイン決済に対応した店舗であれば、世界中で使用することができます。日本ではビックカメラが対応しましたね。

通貨ですから、日本円や米ドルと同じように、変動為替レートによって他の通貨と交換することができます。安い手数料でスピーディーに海外へ送金できるようになることが期待されています。

ビットコインはみんなで管理する通貨である

通貨というものは、通常は国が発行するものですが、ビットコインは国が発行するものではありません。国による規制を受けないので、世界中どこでも使うことができる国際通貨なのです。

国によって管理されないというと不安に思うかもしれませんが、ビットコインはブロックチェーンという技術によって、ネットワーク参加者がみんなで管理しています。ネットワーク上で取引を行い、みんながそれを監視して承認することで取引が成立するので、むしろ悪用されにくい安全性の高い通貨なのです。

ビットコインの仕組み

さて、とても便利だということはご理解いただけたでしょうが、なぜ仮想通貨なるものが実現できるのでしょうか。その仕組みについて簡単に解説いたします。

ビットコインは金と同じ

現在は管理通貨制度といい各国の中央銀行が通貨の供給量を調整していますが、かつての世界貨幣価値は金を基準に定められ、各国の中央銀行は金の現物を保管し、それを裏付けとして通貨を発行しました。社会の授業で習った金本位制ですね。
ビットコインはこの金本位制に近い仕組みとなっています。従って、国の過剰供給によってインフレが起きたりすることはありません。

マイニング(採掘)によって増加する

マイニング金の総量は決まっています。すでに地上にあるものと、地中に埋まっているものです。それ以上に増えることはありません。流通する金の量は、採掘された分だけ少しずつ増えていきます。採掘するにはコストがかかりますが、掘り当てれば儲かるので掘る人はいます。

ビットコインも同じで、マイナー(採掘者)という人たちがマイニング(採掘)することによって増えています。ビットコインはみんなで管理すると言いましたが、その管理作業に協力してくれた人に対して報酬として、新規のビットコインが支払われます。

この作業はコンピューターをフル稼働する必要がありますので、けっこうな電気代がかかります。これが採掘のコストとなりますが、報酬として貰える(採掘した)ビットコインの額の方が大きくなれば、仕事として成立します。

こうして、マイニング(採掘)を業務として行う人たちによって管理されるという仕組みが構築されています。

ビットコイン投資の将来性は?

ビットコインの仕組みを理解したところで、では持つべきか持たざるべきか。投資対象としてのビットコインについて解説します。

国が法的に仮想通貨を受け入れる

日本では2017年が仮想通貨元年と呼ばれていますが、それは資金決済法という法律によって仮想通貨が決済手段として認められたことに始まります。これだけビットコインが浸透してしまうと、今度は怪しい業者によるトラブルを監督するために取引業者は登録制となりました。
今まで目に見えなかった仮想通貨が、しっかり実体を持ったようなもの。安心して使える環境が整ったので、これからますます普及していくことでしょう。

メガバンクや店舗も

仮想通貨の技術は、これまでの世界をガラリと変える可能性を持った画期的なものです。我々はインターネットの普及が世界を変えたのを目の当たりにしてきました。今度は仮想通貨が世界を変えるかもしれません。
この画期的な変化にいち早く飛び乗るか、乗り遅れるかが、今後の命運を握っています。

ビットコイン決済を導入する店舗が増えていますし、メガバンクも仮想通貨を導入しようとしています。今後ますますこの流れが続くでしょう。

先物市場に上場

世界最大の先物取引所であるアメリカCMEグループが、ビットコイン先物の上場を発表しました。これは非常に大きいニュースです。
今までの仮想通貨取引所ではなく、アメリカ政府の監督下にある取引所に上場するということで、身近な投資対象に変貌を遂げます。石油や金に投資するのと同じことで、今まで敬遠していた機関投資家も本格的にビットコイン市場に参入してくるということです。

4年に1度の半減期

ビットコイン最後に一つ、仕組みの面から。昔は金を掘るにも人がスコップを持ってひたすら掘ったのでしょうが、技術の進歩に従って採掘コストも安くなりました。ビットコインもこれと同じで、4年に1度(オリンピックの年に)マイニング報酬が半分に減らされます。
報酬が半分になってもマイナーが儲かるためには、ビットコイン自体の価格が倍になっていないといけません。ここで儲からなければ、マイナーはいなくなってしまいます。つまり、4年に1度の半減期に合わせて、ビットコイン価格は倍になる(はず)

まとめると

以上の観点から、ビットコインは長期的に見て非常に有望であると考えられています。

ビットコイン投資を始めよう!

以上のように、ビットコインは長期的に見て強い上昇が見込め、投資対象としてとても魅力的です。ビットコイン投資をするためには、仮想通貨取引所で購入するだけ。
以下に私が実際に使用してお薦めできる取引所をご紹介します。

bitFlyer

国内初の仮想通貨取引所で、知名度も抜群。仮想通貨の売買から送受金だけでなく、通販サイトとの連携やレバレッジ15倍のLightning FXとサービスが完備しています。迷ったらここに開設しておけば間違いありません。

Zaif

こちらも魅力あるサービスを展開中。「コイン積立」は簡単な手続で、毎月一定額を銀行口座からの引落で積み立てることができます。
また、マネパカードとの連携によって、ビットコインをチャージして、全国のマスターカード加盟店でクレジットカード感覚で使用することができます。積立によって貯まったビットコインを簡単に買い物に使えるようになります。

Bit Trade

こじるりがCMキャラクターを務めていることからもわかるように、FX大手のFXトレードフィナンシャルの系列なので信頼性は十分。目を引くような独自のサービスはありませんが、リップルとモナコインという人気アルトコインを両方扱っているのは今のところ貴重です。

※このページで紹介したのは、ビットコインを長期的な投資対象として見た場合のお薦め業者になります。レバレッジを効かせて短期的に資金を増やす仮想通貨FXについては、下記のページで別途紹介しています。

仮想通貨FX 完全スタートガイド2017

2017.11.22

ビットコイン講座

コメントお待ちしております。