【億り人への道】暴落を乗り越えて育て、仮想通貨たちよ

この記事の所要時間: 30

仮想通貨投資をするならば、誰もが「億り人」を目指しているはず。
私も億り人への遥かな道をコツコツとレポートするべく、このコーナーをシリーズ化してお伝えしたいと思います。
まずはこれまでの

これまでのトレード

はじめて買ったアルトコイン銘柄

私が仮想通貨を買い始めたのは、昨年の10月頃からでした。このブログを始めた頃のことで、もうビットコインの高騰が話題になってから。ビットコインはFXでトレードはしましたが、長期保有するには乗り遅れた感がありましたので、まだ値上がりしていないアルトコインをこっそり握っておくことにしました。

そうして購入したのが、Ripple(XRP)とNEM(XEM)でした。多くの銘柄がビットコインの上昇に釣られて上昇しましたが、この2銘柄は仲良く20円台を動かず、完全に上昇組から置いてけぼりになっていました。
投入したのは当初15万。その後、GMOコインでFXをやって利益が出たら、その一部でリップルを買い増しました。ちょうどRippleの取扱いがスタートした時で、現物売買のスプレッドが低いキャンペーン中だったからです。そうやってちょいちょい増えていき、投資総額は30万くらいだったと思います。それでも、儲かるわけでもなく、なかなか動きません。

まさかの年末の暴騰劇

そんな中、12月頃から2銘柄ともに上昇開始しました。あっという間に100円を突破。20円台で貯めていたので、資金も軽く数倍になって100万越えです。仮想通貨の破壊力をまざまざと味わった年末年始でした。200円を越えたところでリップルを売ってネムに集中したところ、リップルは300円越えまで跳ね上がるという悔しい思いも経験しましたが、ネムも遅れて200円を越え、みるみる資産は育っていきました。

この辺が、明らかにピークでしたね。私の仮想通貨資産は150万を越えるまでに膨れあがりました(詳しい数字は見てませんでしたが)。

アルトコインや草コインに分散

ここまでのリップルとネムの集中投資から、上昇が鈍ってきたところで、広く分散投資することに路線変更。仮想通貨はいろんな銘柄があって、どれが革新をもたらすのかはわかりませんから。

保有銘柄の詳細は、下の方で改めて。

一転して暴落劇で資産は半減

ところがどっこい、1/17日にまさかの大暴落。どうやら一過性のものではなく、低空飛行は今日も続いております。世界的な仮想通貨規制が懸念されてのことですから、一筋縄にはいきませんね。

資産は天井からほぼ半減しています。

それでも、億り人達成のためにはひたすらホールドするしかありません。幸い、リップルとネム20円台からのホルダーですから、まだまだ含み益状態ですから、黙って見守っています。

マイ仮想通貨ポートフォリオ

投稿現在はこんな感じです。買値は入力していないので、損益はテキトーです。資金は75万程度で、絶頂時の半分以下。まだ億までは遠い道のりですね。

仮想通貨保有銘柄

  • NEM(XEM)
  • Ethereum(ETH)
  • OmiseGO(OMG)
  • TRON(TRX)
  • NEO
  • IOTA
  • DENT
  • MONA
  • Shield(XSH)

それぞれ詳細は、今後の記事で紹介していきたいと思います。

下の2つは、マイニングしています。また、昨日1イーサを引き出して、はじめてICOにも挑戦してみました。その辺りの記事も、今後お楽しみに!

 

 

コメントお待ちしております。